プリザーブドフラワーを扱うために知っておきたいポイント

プリザーブドフラワーを扱うために知っておきたいポイント プリザーブドフラワーには長く楽しめるという魅力がありますが、扱う時に知っておきたいポイントがあります。
まず平均的な保存期間は、日本では2~3年だと言われています。
ただし、クリアケースなどに入れて、エアコンの風や直射日光が当たらないようにすれば、きれいな状態を3~4年維持することが可能です。
プリザーブドフラワーの汚れの原因はホコリだとされていますが、ケースに入れておけば、花にホコリが付着するのを避けることができます。
しかし、ケースに入れている状態でも入っていなくても、飾る際には気を付ける点がいくつかあります。
高温多湿の場所は、プリザーブドフラワーにダメージを与えたり、変色の原因になるので注意が必要です。
特に梅雨の時期に玄関口に置くのは避けることが望ましく、また、浴室やキッチンなど、湿度が高くなりやすい場所も置かない方が良いと言われています。
また乾燥にも弱いので、湿度の低い時期は加湿器を設置している部屋に置くことが理想的です。
そして、ひび割れなどの劣化を防ぐために、日光が当たる場所は避けて、廊下や壁などの日が当たらない場所が適しています。
さらに、急激な温度変化は、プリザーブドフラワーが変色する原因になる場合があるため、適切な温度を保つことができるところに保存することが望ましいです。

プリザーブドフラワーで華やかなお家に!

プリザーブドフラワーは生花と変わらない外観で長期保存が可能であるため家に飾ることによって華やかさを演出することが出来ます。
プリザーブドフラワーは生花の一番美しい時期に色素を抜き取り特殊な加工を施しているため、枯れることがなく水やりの必要がないことが大きな特徴です。
ドーム型や和風デザイン、動物をモチーフとしたデザインなど多様なデザインが存在しており、また特別な染料を用いて染色するため生花にはない色も作成可能であり豊富なカラーバリエーションがあります。
プリザーブドフラワーはインターネットを活用して購入することも可能であり、専用サイトを開設している業者も存在しています。
インターネットを活用することによって商品の写真や料金などの多様な情報を自宅に居ながら気軽に入手が可能でありご不明点などは事前に問い合わせすることも出来ます。
家のインテリアに合わせてプリザーブドフラワーを飾ることによっておしゃれな部屋を演出することが出来ます。